今年の夏くらいに五島列島出身の友人から
ある方をご紹介いただく。
都内で不動産業を営む方で、
同じく五島列島出身の方でした。
余生は故郷の五島列島の為に
尽くしたいということで
地方創生、廃校活用、空き家の民泊化の件でご相談を受けました。

私も民泊×地方創生には力を入れたいので大賛成だし
スローライフを送れる拠点を作りたかったのでとても有難いお話でした。
東京出身の自分にとって、
故郷と言える場所が無いのは結構寂しいことで、
お盆や年末に故郷に帰省する友人をいつも
羨ましく思っていました。

地方や島は人口減少、高齢化の課題を抱えていて、
また都内で生活するのに疲れて
スローライフを求める人々の移住も増えてきていて、
需要と供給のバランスはまだ合っていないかも
しれないですが、
徐々に良い動きが出てきているのは確かなことです。

様々な島でもリモートワークや
フリーランス支援、
助成金活用などに取り組んでいて、
調べていくとどの島も盛り上がりを見せていて
面白いんですよね。

そんな訳で今回、視察も兼ねて
1週間ほど五島列島に行ってきました!
以下、忘備録になりますがこれから
五島列島に行きたい方の少しでも
参考になれば幸いです。


若松



【準備しておいた方が良いこと】

①   どういうルートで五島列島を回るのか

②   行きたい観光地や飲食店を
探しておいて営業時間を調べておく

③   ダイビングなどのアクティビティは早めに予約を

 

【今回の目的は】

①   五島列島を知る(どんな観光スポットがあるか、宿泊施設はどういう施設があるか、インバウンドの観光客は来ているのかなど)

②   民泊やゲストハウスを始めて
需要がありそうかどうか

③   地元の方の観光
(特に民泊や訪日外国人を受け入れることについて)
に対する反応を知る

 

【私の移動スケジュール】

東京(羽田)→福岡 JALマイレージで予約

※  マイルを貯めるのは本当に大好き!絶対やった方が良い!


福岡に1泊。自社で管理する物件に宿泊して状況確認。


朝の便で福岡→福江つばき空港へ(約30分間のフライト)ANA

※  往復で\17,000位


福江島で2泊。

友人から紹介頂いた、福江出身で余生は地元の為に貢献したい!

という方のご実家にステイさせて頂いた。


福江→中通島に高速船で移動(約50分)


五島列島では有名なリゾートホテル「マルゲリータ」宿泊


お隣の若松島で2泊


中通島→福江に高速船で移動


福江つばき空港→福岡 ANA


福岡空港→東京(羽田)JAL

 

 

五島列島に渡るには、

(1)  飛行機

(2)  フェリーor 高速船

どちらかの選択肢になります。

福岡から五島列島に渡るパターンもあれば、長崎から渡るパターンもあります。

私は船酔いが心配だったので、フェリーで時間をかけて渡る選択肢は外しましたが、今回福江でお世話になった方からのオススメプランは下記だとアドバイスを貰いました。

 

--------------------------------------------------------------------

東京→福岡 飛行機で朝方到着


福岡で観光して、夕食を屋台で堪能


福岡の港からフェリーに乗り宿泊、朝に五島列島(福江島)に到着


福江島→中通島に高速船もしくはフェリーで移動


中通島→福岡の港までフェリーで帰宅。

------------------------------------------------------------------------

 

中通島にも空港はありますが、現在は一般向けに使用されていないので、

もし往復飛行機で移動する場合は、中通島から福江島まで高速船かフェリーで

戻ってこなくてはなりません。高速船にはレンタカーなど車は載せられなかったり、そもそも島の移動禁止のレンタカー車もあったりしたので、私は福江島と中通島、それぞれでレンタカーを借りました・・!

また、レンタカーですが、五島列島はガソリン代が高いとのことで、

電気自動車が推奨されています。もちろん普通のレンタカーも貸し出されて

いますが、至るところで電気自動車に電気を補充できる場所がありました。

(しかも実質タダ!)滅多に体験出来ないし、ここは電気自動車を選択すると

良いなと思いました。(ただ運転にちょっとしたコツがいるようです!)

福江島では想定外の事態があり、運よく電気自動車を借りることが出来ましたが、中通島では元々ネットでレンタカーを予約していたので、途中から電気自動車を選択できなかったのが悔やまれました。


電気自動車


その他には、気になるご飯!ご飯はやっぱり地元の美味しいものを食べたいですよね。私はRettyや食べログですぐ調べてしまうタイプですが、オススメは

地元の方にオススメの飲食店を聞くのが一番間違いはなかったです。

そして五島列島ではランチタイム14時をすぎてしまうと、殆どのお店は閉まってしまったり、不定休で行ってみたらお休みだったりもしました。そして、

少し市街地を外れると、食事処が全くない・・。という事態もざらにあります。

ですので、オススメとしては、地元の方にオススメを聞く→電話して営業しているか確認する→営業時間内に食べに行く。ですね。


若松1


【気をつければ良かったこと】

①   高速船やフェリーを上手く活用して、行き帰りをスムーズなプランニングにすれば良かった。

②   レンタカーは電気自動車を選択すれば良かった!

③   ご飯屋さんが営業しているか電話してから向かえば良かった!

④   Softbankユーザーは要注意!結構電波が無い場所が多いです。電磁波を

シャットダウンしたい人にはオススメですが、結構不便です。

 

【オススメしたいこと】

①「しまとく通貨」を賢く利用してお得に過ごす!

 

【オススメ食事】

①   鬼鯖鮨(福江つばき空港で購入出来ます。絶賛されている理由もよく分かる!本当に美味しいです。1つ\1,500だけど払う価値大ありです!)

②   えび屋のご飯(若松島にある民宿えび屋さんのご飯がボリューミー&めちゃくちゃ美味しかった!地元の方も、ウニの季節になるとウニ丼を食べにわざわざ行くほどだそうです。朝ごはんも夕ご飯もとっても美味しい。お刺身も凄く美味しい!)

③   かもめ亭(中通島にあるご飯やさん。宮崎から移住してきたご夫婦が経営されているそうで、平日にも関わらず多くのお客さんで賑わっていました。見た感じ地元の女性客が多く、地元民に愛されているご飯やさんだと思います。

トマトのサラダと、五島牛のステーキが凄く美味しかった!)

④   竹酔亭(中通島にあるうどん屋さん。賞も取ったりして有名なうどん屋さんみたいです。五島うどんはとても有名だそうですが、【中通島】のうどんが有名なんだそうです!卵を溶かしてそこに付けて食べるか、もしくはつゆの中に鰹節を入れて食べるか。麺にツバキ油が練りこんであるそうで、とっても喉越しがよく上品な味わいでした。

⑤   はまぐりデッキ(中通島の蛤海水浴場にあるオシャレなカフェ。フォトジェニックな写真が撮りたいならここに行くべし!軽食を食べたい時、カフェで一休みしたい時にオススメです。夏はBBQが出来たり、冬は牡蠣鍋が食べられたりするみたいなので、仲間と盛り上がりたい時、家族で楽しく過ごしたい方にとってもオススメです!店員さんも気さくでたくさんお話しできました。)
はまぐりデッキ


【オススメアクティビティ】

①   釣り

自然の中で出来る釣りは本当に最高です。私は地元の方に連れて行って頂き、サビキ釣りを体験しました。2時間程度で12匹連れました。

その後さばいてお刺身にしたり、揚げ物にしたりして頂きました。

九州の甘いお醤油で食べるお刺身は何とも言えない美味しさがありました。


魚1

②   ダイビング

夏はクジラやイルカに会えることもあるそうです!私も体験しましたが、とてもフレンドリーなダイビングショップで、地元の方と触れ合いながら出来る

アクティビティは最高でした!

③   ワイナリーでのテイスティング

五島市にあるコンカナ王国内でテイスティングが出来ます!

五島で作られているワインは甘くて飲みやすくて、私好みで3杯くらい飲んじゃいました笑。白ワインは何と製造が追いついてないみたいで、1ヶ月後に出来るとのことでした!なんかプレミアム感がありますね笑

④   教会巡り

五島列島と言ったら隠れキリシタンが潜伏していたことで有名です。今年世界遺産登録もされましたね。とても美しい教会ばかりで目を奪われました。私が一番気に入った教会は「頭ヶ島天主堂」です。上五島にあります、石造りの天主堂。何とも言えない空気感で、別の世界に言えるような空気がありました。

教会

※頭ヶ島天主堂では無いです。


【オススメ宿】

①   マルゲリータホテル(中通島にあるリゾートホテル。教会の中に泊まっているかのような気分になれるホテル。ホテルから見る景色は絶景で、お風呂からもその景色が見ることが出来ます。室内もとてもオシャレな創りになっています。ちょっと残念だったのは、ご飯がイマイチだったかなと。星野リゾートをイメージして宿泊してしまった私が悪かったのかもしれません。

朝食は美味しかったですし、サイドメニューが豊富にあって無料なのは魅力的でした!ここのスタッフさんの制服もラフなボーダーシャツだったのも好意的。

マルゲリータ



②   えび屋(若松島にある民宿。お部屋は学生の合宿所みたいな感じで、オシャレさはなくいたって普通な宿ですが、とにかくご飯が絶品だったので、是非

泊まって頂きたいなと思います!Softbankの方は電波入らないです!!ただ、

宿にwifiがあるので助かりました。

③   五島コンカナ王国(福江島にあるリゾートホテル。施設が膨大で、温泉もあるし、ワイナリーもあります!五島列島で作ったワインをテイスティング出来ます!日帰り入浴してワインを飲んで帰りましたが、コテージに次は宿泊してみたいなと思いました。)

④   田舎ステイ(今後これは私も展開したい宿泊施設ですが、是非地元の方の家に宿泊する「田舎ステイ」を体験して欲しいです。私は福江島の知人宅に宿泊させて頂きましたが、本当に良い経験をさせて頂きました。


魚


【参考になりそうな話】

①  福岡などからフェリーで早朝に入った際、空いている飲食店も無く宿にも行けなくて困ってしまう観光客の方が多いそうです。上五島にある「はまぐりデッキ」さんはその様なお客様の為に朝早くお店を開けることもあるそう!

夏は海を見ながらぼーっとするのも良さそうですが、空いているお店があまり無いことは要注意ですね!

②  市内を離れるとコンビニの数が減ります。これはどこの県も一緒かもしれないですが、必要になりそうなものは早めに買っておくことをお勧めします!

③  フェリーの時刻表はチェックしておくこと!フェリーの時間と飛行機の時間を考えて事前に計画を立てるとスムーズに旅行が出来ると思います。

海


【まとめ】

2018年世界遺産に登録されて盛り上がりを見せる五島列島。

宿泊施設も増えてきていて、これから日本国内のみならずインバウンドの

取り込みにも力を入れていきそうです。

移住者も募集しているようなので、新しいことに取り組みたい方、スローライフを送りたい方、2拠点生活をする場所を探している方にはとってもオススメです!色々話しかけても優しく応えてくださった島の方々に感謝申し上げます。

 

来年から本格的に関わりそうなので楽しみ!!

ワイナリー